玩具銃(モデルガン&エアガン)歴史とトイガン業界史

         編集 STGA 事務局長 斎藤 紘(MGC社長)

西 暦

モデルガン&エアガンとトイガン業界の歴史

1957

(昭和32年)

 

 


1959

(昭和34年)

 

 

 

 

1960

(昭和35年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1961

(昭和36年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1962

(昭和37年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




1963

     (昭和38年)

 

 

 

 

 

 





       1964

(昭和39年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        1965

(昭和40年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        



       1966

(昭和41年)

 

 

 

 

 

 




1967

(昭和42年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1968

(昭和43年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1969

(昭和44年)

 

 

 

 




1970

(昭和45年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        1971

(昭和46年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1972

(昭和47年)

 

 

 

 

 

 

 


1973

(昭和48年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 











1974

(昭和49年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 











1975

(昭和50年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




1976

(昭和51年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1977

(昭和52年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1978

(昭和53年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





1979

(昭和54年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





1980

(昭和55年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










1981

(昭和56年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        1982

(昭和57年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        1983

(昭和58年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




1984

(昭和59年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




1985

(昭和60年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1986

(昭和61年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




1987

(昭和62年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1988

(昭和63年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






1989

(昭和64年)

     (平成元年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




1990

(平成02年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








1991

(平成03年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









1992

(平成04年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 












1993

(平成05年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





1994

(平成06年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1995

(平成07年)

 

 

 

 

 


1996

(平成08年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




1997

(平成09年)

 

 

 

 

 

 

 

 



















1998

(平成10年)

 

 

 




1999

(平成11年)

 

 

 

 


2000

(平成12年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2001

(平成13年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




2002

(平成14年)

 

 

 

 

 

 


2003

(平成15年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2004

(平成16年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2005

(平成17年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2006

(平成18年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        2007

(平成19年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2008

(平成20年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        2009

(平成21年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        2010

(平成22年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2011

(平成23年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









2012

(平成24年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        2013

(平成25年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




2014

(平成26)

 

 

   2015

(平成27年)















2016

(平成28年)

<巻玉鉄砲>

キングタイガー社は、「モデルガンの祖先」と呼べる国産初の巻玉鉄砲100連発)キングコルトを販売。ブリキ製で巻き玉火薬を使用。駄菓子屋や縁日の露店で目にする。



<銀玉鉄砲>

セキデン化学工業は、「エアガンの祖先」と呼べる国産初の単発式銀玉鉄砲マジックコルトMC-50を発売。銀玉は球状のアルミ粉塗装。

<テレビで人気の西部劇ドラマ>

テレビで西部劇ドラマのローハイド(クリントン・イーストウッド)、拳銃無宿(スティーブ・マックィーン)が放映開始。お茶の間で人気。



<キャップガン>

日本は貿易自由化となる。東京・上野アメ横の中田商店は、アメリカ製マテル、ヒューブレー、ニコルス社製のキャップガン通称・モナカ銃)を輸入・販売。

マノック産業は、いち早く少年雑誌にキャップガンの通販広告を出す。


<連発式銀玉鉄砲>

セキデン化学工業は、ストライカー式連発銃の銀玉鉄砲MCA-300オートマチック/マジックコルトを販売。


<日本で最初のモデルガンメーカー>

日本MGC協会(以下、MGC、創業者・神保勉)は、アメリカ製マテル社のキャップガンをリアルな造形を施し「モデルガンの原点」と呼べる改良スナブ・ノーズ/マテルリボルバーMGC会員に販売。


<テレビで人気の西部劇ドラマ>

テレビで西部劇ドラマのララミー牧場(ロバート・フラー)、ライフルマン(チャック・コナーズ)が放映開始。日本はウエスタンブームで沸く。


MGCはモデルガンと命名>

MGCは、国産初の薬莢が飛び出すコルトスーパーオート(マガジンタイプ)とマテル改良ブラックホークを販売。これらの製品に世界で初めて「モデルガン」と命名する。東京・上野のアメ横(中田商店、江原商店、丸郷商店、丸保コルト商会、ホビー商会)、かなめや、明光産業、銀座銃砲店などに流通・販売を開始。

トイガンデザイナー「小林太三」氏MGCに入社。トイガン設計・開発者で業界では稀有の存在として知られている。



<銃の専門雑誌・拳銃ファン創刊>

小出書房は、実銃と輸入キャップガンを紹介する「拳銃ファン(以下、ガンファン)」を創刊。銃専門雑誌の先駆けとなる。執筆者は根本忠、大藪晴彦、岩堂憲人、小橋良夫氏など錚々たるメンバー。


<コルト・ピースメーカー(モナカ銃)>

東京・上野アメ横の江原商店は、アメリカ製コルト・ピースメーカー(モナカ銃)輸入・販売。明光産業は東京・渋谷と新宿にキャップガン(モナカ銃)専門店を開店


<テレビで人気のギャングドラマ>

テレビでミステリードラマの「アンタッチャブル」(主演ロバート・スタック、ブルース・ゴードン)が放映開始。ミステリーブームの牽引役になってお茶の間で人気。


<販売禁止のモデルガン>

MGCは、米国ヒューブレー製のコンダー改良モデル(センター撃針コルトM1911コマンダーを発売。マガジン、薬莢、発火機能をもつ、改良モデルの野心作として評判を呼んだが販売4ヵ月で販売禁止となる。


<国産初の金属製モデルガン>

MGC(小林氏)は、手動連発式スライドアクション(通称・タニオ・アクション)を搭載した国産初の金属製モデルガン拳銃型でワルサーVP(架空モデル)を発売。引金を引くと遊底とが直接、連動する「玩具独特の機構」を開発。装填・排莢・発火が楽しめる。


<銃の専門雑誌Gun創刊>

国際出版は、銃の専門雑誌「月刊Gun」を創刊。実銃とモデルガンに関する話題を扱う銃の専門雑誌


<トイガンデザイナー六人部 登>

トイガンデザイナー六人部 登氏は、上野アメ横の中田商店に入社。前の小林太三氏と双壁のトイガン設計・開発者。


<テレビで人気の戦争ドラマ>

テレビで戦争ドラマの「コンバット」(主演ヴィック・モロー)が放映開始。戦争を通じた人間模様を描いた人気ドラマとしてお茶の間に浸透していった。ミリタリーブームが起きる



<コンドルデリンジャー事件>

警視庁は、玩具けん銃「コンドルデリンジャー」を製造のコンドル工業を銃刀法違反容疑で摘発。製造販売の中止と早期回収を命じ起訴する。後の65年、東京地裁は、その威力、性能、構造からして殺傷能力を有しないという理由で無罪


<安全工法のモデルガン>

MGCは、国産初の金属製回転弾倉式S&Wチーフスペシャルを発売。銃身内に鋼材インサートを鋳込み、業界初の改造防止の措置を施した製品。後に業界自主規制の基となる「鋼材インサート鋳込み工法」考案。特許を取得。

「玩具銃(トイガン)と業界の歴史」作成の斎藤 紘 MGCに入社


<射的銃>

ナカヤ玩具は、国産初のラバーコルク弾を飛ばすナカヤ式射的銃(コルクガン)のナカヤスーパーガン、ナカヤガンNO.1を発売。温泉地の射的場や縁日の露店などで目にする。


<モデルガン>

MGCは、国産初の全鉄製長銃型でU.S.M-3グリースガン(無発火式)を販売。「ゼンマイ動力によるフルオート機構」を搭載。
薬莢が30排莢(飛び出す)する。


<映画会社と初のタイアップ・MGCモデルガン>

MGCは、ユナイト映画会社と初のタイアップ商品で金属製拳銃型のワルサーPPK(タニオ・アクション)を発売。007は二度死ぬ(主演ショーン・コネリー)日本ロケに多くのプロップガン提供。東京・日比谷映画館でロードショーの「007ゴールドフィンガー」上映期間中、売店を設けワルサーPPKを販売。映画の影響で空前の大ヒットとなる。


<実銃ブローニングFN380>

MGCは、陸上自衛隊土浦駐屯地内、武器倉庫(後の武器資料館)を見学。当社の開発資料となる実銃「ブローニングFN380」に触手。小林氏は実銃を分解。全部品の写真撮影も許可するという現代では、とても考えられない古き良き時代だった。


<モデルガン購入者に住民票>

警視庁は、悪用防止策として18歳以上のモデルガン購入者に「住民票」の提出を東京都内の販売店に要請。しかし販売店は協力しないため、MGCは協力しない販売店には製品の供給を中止すると通告。俗に言う「アメ横・モデルガン戦争」が起きる。


<日本高級玩具小売商組合>

MGCから製品の供給を止められた上野アメ横商店群は「日本高級玩具小売商組合(以下、NKG)」を組織。金属製モデルガン(無可動文鎮モデルとMGCコピー品)の製造を開始。製造は川口市の丸真ダイカスト工業が請け負う。


MGC直営のモデルガン専門店>

MGCは、東京・上野アメ横に直営のモデルガン専門店「MGCボンドショップ」を開店。


<モデルガン製造会社東京レプリカ>

NKG製品の製造会社丸真ダイカスト工業(後のマルシン工業)は、中田商店と合弁でモデルガン製造会社「東京レプリカTRC)」を設立。六人部氏にオリジナルモデルの設計・開発を委託。工場長に根本忠(日本ウエスタンクラブ代表者)、社員に国本圭一(現ウエスタンアームズ社長)が在職。


<モデルガン>

中田商店は、無可動文鎮モデル(アストラモデル4、ルガーP08、ワルサーモデル4)を発売。
MGC
は、拳銃型のブローニングFN380(ブリーチオープン式)を発売。外観のリアルさと実物通りの分解方法でファンを驚かせた


<モデルガンに王冠マーク>

警視庁は、悪用防止のため、実銃とモデルガンとが判別できるようにモデルガンの銃本体には「王冠マーク」を付すよう製造業者に要請。


<モデルガン>

MGCは、コルトGMP.08ベレッタM1934
NKG組合の江原商店(後のCMC)は、コルトGM(非発火式)
国際ガンクラブはS&Wチーフスペシャル(MGCコピー品)、コルト・ベストポケット
中田商店はルガーP.08/4in8inP.38コマーシャル
丸郷商店はFN380MGCコピー品)、ワルサーPPKMGCコピー品)
本流はワルサーPPKMGCコピー品)、南部14年式を販売。


<日本で最初のコルクガン射撃大会>

日本ライフル協会・日本スポーツ少年団本部は、東京・国立競技場岸記念体育館で「ムービング射撃競技大会」を開催。競技銃は、ナカヤガン63、ナカヤスーパーガン(コルク弾・ラバーコルク弾)を使用。


<日本で最初のモデルガンショー>

MGCは、長野県軽井沢レークニュータウーンで「モデルガンぶっぱなせ・クイックドロー大会」を開催。タイマーを設置し コルトS.A.A銃を使用し早撃ちを競う。


<六人部氏中田商店から独立>

トイガンデザイナー六人部氏は、中田商店から独立してモデルガン製造会社「六研」を設立。


<モデルガン>

MGCは、拳銃型のコルトS.A.A(大粒の競技用スタート火薬が使用可)2代目ワルサーPPK(タニオ・アクション)、NKG組合のCMCは、ベレッタM1934(リアル機構)、コルトGM1911-A1、中田商店はトカレフTT-33(リアル機構)、ブローニングHP、エンフィールドを発売。


<東京で最初のモデルガン早撃ち大会>

日本ウエスタンクラブは、東京・日本橋の東急デパート屋上で「平凡パンチ・ピストル・早射ちコンテスト」を開催。コルトS.A.A 銃の凄まじいほどの発火音と煙(マグネシューム使用)を発したガンプレィで見る者を満足させた。


<ブローバックモデルガンの誕生>

MGCは、国産初の玩具火薬の力で自動連発するブローバック機構(以下、BLK)を開発。全鉄製サブマシンガンのシュマイザーMP40/BLKを販売。セミ&フルが楽しめて模型以上の価値を吹き込んだ画期的なモデル


<モデルガン>

MGCは、業界初ライフル型のウインチェスターM73M73オクタゴン八角形銃身)、拳銃型のコンバット・マグナム モーゼルHSC(タニオ・アクション)
NKG
組合のCMCは拳銃型のコルトS.A.A(シリンダー貫通)
国際ガンクラブ(後の国際産業)はモーゼルHSC(タニオ・アクション)、本流(後のハドソン産業)はモーゼルミリタリー(独自のマガジン式)を販売。



MGCモデルガンショー>

MGCは、東京・後楽園ホールで業界初のトイガンフェスタ「MGCモデルガンショー」を開催。カスタムガン&アクセサリーを販売。全国から大勢のモデルガンファンが集う


<モデルガン>

MGCは、ライフル型のランダルカスタムM73短銃身)、拳銃型の2代目S&Wチーフスペシャル(リバウンド機構)、コルトネービー1851、パイソン2.5in4in
六研はコルトS.A.A(真鍮製)を販売。


<大阪万国博覧会にMGC出店・営業参加>

MGCは、大阪府吹田市で開催の「大阪万国博覧会」に業界で唯一、出店・営業参加。「モデルガンの魅力とMGCの技術力」を世界に発信。
アメリカの輸入業者コレクターズ・アーモリー社(RMI)から発注による「MGC輸出専用モデルガン」は、海外でもレプリカ・モデルとして高い評価を得る。


<日本ウエスタンクラブ創立20周年>

ウエスタンショー&ウエスタン音楽愛好者の親睦団体「日本ウエスタンクラブ」は、創立20周年を迎えた。会長の根本忠はウエスタンシーンの重鎮 華麗な若きファスト・ドローの国本圭一(拳銃殺陣師)、平田貞夫も所属。


<モデルガン>

MGCは金属製サブマシンガンのトンプソンM1921ドラムマガジン可BLK、全鉄製のステンMK-Ⅱ・BLK
CMCは拳銃型のダイヤモンドバック(貫通シリンダー)
東京レプリカはフレンチM1935-A(リアル機構)、コルトS.A.A(貫通シリンダー)
アサヒ玩具はコルトS.A.Aを販売。
*モデルガン人気は凄ざましく爆発的に売れて社会現象とまでなった。


MGC業界初の輸出貢献企業賞>

MGCは、トイガン業界では初めて外貨獲得に貢献した企業として、通産省から「輸出貢献企業賞」を授与される。月商20万$(5,000万円)当時のレート1ドル250


<金属製モデルガン規制>

銃刀法を改正し「金属製モデルガンを規制」する。拳銃型は、銃腔を金属で閉塞し、色を白又は「黄色」とする。但し、長銃型は規制対象外となる。銃腔の閉塞でブローバックモデルは、作動性が著しく低下し、深刻な打撃を受ける。


<金属製モデルガン>

MGCは、国産初の玩具火薬の力で自動連発する拳銃型S&W44オート/BLK、ベレッタM1934/BLKCMC全鉄製長銃型のステンマークⅡ/BLKを販売。


<プラスチック製モデルガン誕生>

MGCは、金属製に替わる業界初のプラスチック製回転弾倉式(ABS樹脂)のS&Wハイウェイパトロールマン41を発売(黒色のモデルガンが蘇る)。プラ製で軽くなり若年層のユーザーも遊べるようになりモデルガン史上、空前のヒット商品となる


<金属製モデルガン>

国際産業は、長銃型のトンプソンM1928シカゴタイプ、東京レプリカはウージーSMG、シュマイザーMP41CMCはライフル型のウエスタンカービンM92を販売。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、業界初のプラスチック製(以下、PL製)自動式拳銃型のSIG/P210BLKを販売。黒色の自動式BLKモデルガンが蘇る。


<銀玉鉄砲>

高徳、増田屋は、銀玉鉄砲(スプリングガン)のワルサーP.38、コルトGMを発売。人気漫画「ルパン3」の影響で人気を呼ぶ。


<モデルガン改造事例が多発>

金属製のコルトSAA、ダイヤモンドバック、スペインラーマなど多数、改造される。


<モデルガン製造会社マルシン工業>

東京レプリカに替わりモデルガン製造会社となるマルシン工業は、ワルサーP.38コマーシャル、ルガーP.08/4in6in

8in、コルトS.A.A.を販売。


<金属製モデルガン>

MGCは、長銃型のM16A1E1/BLKテレビ人気ドラマ「SWAT」の影響でヒット商品となる。他に全鉄製長銃型のスターリングマークⅤ/BLK
CMCは拳銃型のFN380/BLK(銃身固定の実銃式)、スペインラーマ
販売


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、回転弾倉式2号のS&W44マグナム4inを発売。ハイウエ-パトロ-ル41に続きロングヒット商品と成る
他社メーカーも挙ってPL製モデルガンの製品開発を急ぐ。

*プラスチック製モデルガンの開発とBLK機構の魅力により
新しいファ得でトイガン業界は、規制以前の盛況を取り戻す


<エアガン>

米沢玩具は、エアコッキング銃でカート式(7mm鼓弾)のスタームルガー、コルト・ウッズマンスペシャル、ブローニング・ハイパワー、増田屋はカート式(7mm鼓弾)のBSバッファローを販売。 
サバイバルゲーム創世記の人気商品となる。


<モデルガン愛好家協会>

モデルガン愛好家たちは、規制反対を掲げ「モデルガン愛好家協会」を設立 会長には妹尾河童舞台美術家)氏。
著名な文化人及び学識経験者並びに有名芸能人など60人を中心にモデルガン規制反対の小冊子「モデルガンはなぜ危険なのか」を自主出版。


<モデルガン製造業者の組合準備事務局>

通産省、警察庁の発案により、東京・上野にモデルガン製造業者の団体を組織するため、組合設立準備の事務局を設置。事務局長にMGCより出向で斎藤紘が就く。通産省文化用品課、中小企業庁、日本玩具協会等の指導により組合設立の準備作業を行う。


<モデルガン製造業者の自主規制組合>

行政(通産省、警察庁)の指導により、モデルガン製造業者11社は、東京・蔵前の日本玩具協会で自主規制団体「日本モデルガン製造協同組合(後に通産省が認可)」の創立総会を開催。理事長にMGCの神保勉会長が就任。事務局長にはMGCの斎藤紘が就任。
MGC
は、全組合員に「鋼材インサート鋳込み工法を無償で開示」した。


<金属製モデルガン>

国際産業は、拳銃型のダイヤモンドバック、コルトS.A.A
CMCはワルサーPPK(シングルアクション)
マルシン工業はコルトSAAジュニアモデル
ウエスタンアームズ(以下、WA)はコルトS.A.A(真鍮製)を販売。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、拳銃型のGM-2/BLKを発売。業界初のセンター発火(樹脂製のセンターピン内蔵)のデトネーター(撃針)方式でプラスチック製使い捨てCARTを使用。


<エアガン>

高徳は、エアボルトアクション・カ-ト式のSS-70007mm鼓弾)販売。


<モデルガン自主安全基準>

警察庁(大野技官)は、日本モデルガン製造協同組合(以下、モデルガン組合)

と金属製モデルガン自主安全基準を制定するため、銃のタイプ別に改造防止策を協議。


<経産省モデルガンメーカーを視察>

通産省文化用品課(奥沢課長補佐)は、モデルガンメーカーMGCを「視察」。ダイカスト鋳造工場(鋼材インサート鋳込み工法)の鋳造現場と鋼材インサートの硬度測定現場を見学。


<金属製モデルガン>

MGCは、業界初の猟銃型ウインチェスターM97ショットガン(ポリスタイプを忠実にモデルアップ)、レミントンM31Rショットガンを発売。薬室無し(チャンバーレス)シェルカート使用した「玩具独特の機構」が組み込まれている。
国際産業は拳銃型のルガーマーク・ワン(リアル機構)
マルゴーはコルトSAAジュニアタイプ
六研はFN380(真鍮製)を販売。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、業界初のモデルアップした拳銃型のコルトMK-Ⅲシリーズのローマン2in・4in、トルーパー4in
六研は、コルトS.A.Aを製造しCMCから販売。


<エアガン>

高徳は、エアボルトアクションカート式(7mm鼓弾 架空モデル)SS-5000を販売。


<モデルガン規制強化の動き>

警察庁は、国会・衆院地方行政委員会で「金属製モデルガンを規制強化すると」答弁。行政は、モデルガン組合の自主規制を認めておきながら、モデルガン組合の意向を無視して一方的に規制強化の方針。


<モデルガン規制反対のデモ行進>

MGCは、同業者及びモデルガン愛好家など300人は東京・日比谷公園で規制反対の抗議集会を開き、警察庁前まで「モデルガン規制反対のデモ行進」を行った。


<金属製モデルガン>

マルシン工業は、拳銃型のワルサーP.38コマーシャルタイプ&軍用タイプ、コルト・GM
ハドソン産業はブラックホーク357、スーパーブラックホーク44
WAはスーパーブラックホーク(真鍮製)
国際産業はトンプソンM1928/BLKを販売。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、業界初のモデルアップした大型拳銃レシバータイプの44オートマグCP-BLK、ルガーP.08/BLK(トグルアクションで内蔵ハンマー式)、ニューコルトGM3/BLK(バレルはリンク式)
WAはコルトS.A.Aを販売。


<エアガン>

高徳(以下、タカトク)は、エアボルトアクション・カート式(7mm鼓弾、架空モデル)SS-9000を販売。てるてる坊主型の鼓弾を薬莢にセットしたものを5発装填する


<おもちゃ狩り裁判訴訟>

MGCは、国(警察庁)を相手に1億円の損害賠償請求の民事訴訟(以下、おもちゃ狩り裁判)を起こし、東京地裁に訴状を提出。MGC弁護団(主任弁護士・竹内康ニ)は、東京・市ヶ谷の弁護士会館で記者会見を行う。


<金属製モデルガン規制強化>

再度、銃刀法を改正して「金属製モデルガンを規制強化」する。長銃タイプ(小銃、機関銃、猟銃)を含む、金属製モデル全般の構造について厳しい規制が追加された。その結果、自動式拳銃の銃身分離タイプと全鉄製の長銃タイプなどは「販売目的での所持が禁止」された。
愛好家に一番人気のあった自動式タイプのコルトガバメント・SW44オート・ベレッタM1934FN380ブローニングHPなどは市場から姿を消した。


<金属製モデルガン>

国際産業は、大型拳銃レシバータイプの44オートマグ/BLKを販売。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、拳銃型のコルト32オートBLK、ニューパイソン2.5in4in6inを販売。


<エアガン>

タカトクは、実銃の名を冠した業界初の押し込み式エアコッキング式7mm鼓弾使用)SSオートマグナムカスタム(ブラック&シルバー)
増田屋はエアコッキング式デタッチャブルSS-2007mm鼓弾使用)サンダーボルト(7mm鼓弾使用)を販売。


MGC小林太三・考案栄誉賞を授与>

通産省は、MGC小林太三(設計開発部長)氏に業界初の玩具産業功労者として「考案栄誉賞」を授与する。小林氏が開発した「モデルガンの改造防止安全工法」がモデルガン業界の発展に寄与するとともに社会的な認知を高めた。


<ウインチェスターM92事件>

全鉄製長銃型のウインチェスターM92は、実弾が発射可能との疑いで製造元の(田組精密)販売先WA(国本社長)国際産業(荒井社長)が摘発された(後に起訴猶予)。MGC直営店で販売したとして神保会長も嫌疑で一時拘束も後に釈放。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、業界初の長銃型でM1カービンBLK
国際産業は拳銃型のコルトSAA
鈴木製作所(以下 鈴木SS)はS&Wチーフスペシャル
マルゴーはコルト(パイソン、S.A.Aジュニアタイプ)
マルシン工業はスーパーブラックホーク
CMCはコルトS.A.Aを販売。


<エアガン>

増田屋は、エアボルトアクション式ライフルのマスダヤ・リコイラー(7mm鼓弾)を販売。チャンバーに直接、弾を込める方式。


MGキャップ火薬の誕生

MGC(小林太三氏)は、平玉火薬に替わるモデルガン専用火薬の「M.G.キャップ」を考案。5mm&7mmBLK用7mmリボルバー用の3種類を製造・販売。一粒のキャップ火薬で快調なBLKが楽しめる。

*メンテナンスも楽に成りキャップ火薬用デトネーターを採用したプラスチック製モデルガンが全盛期を迎えていく


MGC横浜モデルガン・フェスティバル>

MGCは、横浜・山下公園埠頭の氷川丸でクイックドロー大会を開催。(タイマーを設置しコルトS.A.A.で早撃ちを競う)
併せて「国本圭一のウエスタンショー」を行い華麗なガンプレィを披露。会場では「モデルガンフェスタ」も行う。


<テレビで西部警察ドラマ放映>

テレビで石原プロ制作「西部警察主演渡哲也、石原裕次郎)」が放映開始。高視聴率を記録。


<金属製モデルガン>

鈴木SSは、拳銃型のコルト・ポリススペシャル
丸郷商店はコルト・コブラ
CMCは長銃型のモーゼルKar98k(六研の部品使用、歴史的名品)ステンマークⅡBLK
マルシン工業はコルトM16A1、シュマイザーMP40、拳銃型のコルト・ウッズマン
国際産業はトルーパーMK3、パイソン357
ハドソン産業はローマンMK3を販売。


<プラスチック製モデルガン>

WAは、拳銃型のベレッタ1934BLKMGキャップ使用)
国際産業はコルト(GM、コルトSAA
MGCはコルト・ウッズマンBLKGM4BLKS&W/M59を販売。


MGC創業20周年記念・第10回モデルガンショー>

MGCは、東京・後楽園第一展示場で創業20周年を記念した第10回「MGCモデルガンショー」を開催。会場ではモデルガン&ミリタリー、ウエスタングッズとカスタムモデルの「モデルガンフェスタ」も開催。


<銃の専門雑誌コンバットマガジン創刊>

ワールドフォトプレスは、銃の専門雑誌「月刊コンバットマガジン」を創刊。ガン&ミリタリーとトイガンを紹介。


<東京地裁にモデルガン組合関係書類提出>

モデルガン組合は、金属製モデルガンの法規制に関連した組合関係書類を東京地裁に提出。


<おもちゃ狩り裁判・斎藤元事務局長証人出廷>

モデルガン組合の斎藤元事務局長は、おもちゃ狩り裁判・東京地裁の法廷に10月と12月の2回、原告側証人として出廷。組合事務局に在職当時、警察庁との折衝当事者として、モデルガン自主安全基準の策定に係る詳細なる経緯について原告人及び被告人審問で証言する。


<金属製モデルガン>

マルシン工業は、拳銃型レシバータイプの44オートマグナムを販売。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、拳銃型で5世代目のコルトGM5キャップBLK(オープンデトネーター式)を発売。業界初のショートリコイルを再現した作動式から、MGCガバメント最大のヒット作となる。
マルシン工業は拳銃型のブローニングHP/BLKM39BLKを販売。


<6mmBB
弾エアガン誕生>

丸前商店は、実銃の名を冠した業界初の6mmBB(球状の弾)を使用したエアコッキング式マークスワン・コルトGMを販売。


<エアガン>

ファルコントーイは、MP5/SDシリーズ
増田屋はミニマット10
丸前商店はレミントンRS31を販売。


<エアガン製造業者の自主規制団体>

東京・蔵前筋のエアガン(玩具空気銃)製造業者7社(代表、(有)丸前商店前田社長)は、自主規制団体の「エアソフトガン協議会」を組織。自主規制を制定するにあたり6mmBB弾の威力基準に運動エネルギー値の「ジュール」を採用。


<金属製モデルガン>

ハドソン産業は、金属製Vz61スコーピオンを発売。行政は、この製品が短銃かそれとも長銃かで解釈が分かれ、黄色になったり黒色になったりしたが結果、長銃型と判断され黒色で販売することが出来て話題となった。

<プラスチック製モデルガン>

MGCは、業界初の猟銃型でレミントンM31RSショットガン薬室を持たない玩具独特の機構)を発売。人気TVドラマ「西部警察」とタイアップ商品でヒット。東京・新宿センタービル51階展示場で先行販売(限定200丁)ファン3,000人が殺到し話題となる。MGCは、長銃型でサブマシンガン(SMG)のイングラムM11キャップBLKを発売。32連マガジンが快調なBLK作動で、わずか1.3秒で空になるミニ・コンポである

WAは、拳銃型のワルサーPPK/S/BLK
マルシン工業はSW/M439BLKを販売。


<モデルガン・シューティング用シューターワン>

MGC小林設計・開発部長)は、モデルガンの発火機能を利用した標的装置「シューターワン」を開発。シューティングを可能にしたシステム。


MGCモデルガンショー&ジャパン・ビアンキカップ>

MGCは、東京・後楽園でシューターワンを使用した模擬体験ができる本格的なモデルガン・シューティングマッチ「ジャパン・ビアンキカップ」を開催。ゲストにシューティング・アドバイザーのイチロー永田氏(米国ビアンキカップ出場)を迎え、新たな方向性も作り上げてモデルガンファンの関心を集めた。併せて「モデルガンフェスタ」も開催。


<プラスチック製モデルガン>

マルシン工業は、ブローニングM1910(実物機構を再現)
WAAR-7エクスプローラー・カービンを販売。


<エアガン>

丸前商店(以下、マルゼン)は、実銃の名称を冠したモデルガン並みに(レシーバー部分が鉄製)リアルさを再現した本格的なコッキング式エアガンでKG-9サブマシンガン6mmBB弾使用)を発売。レピターハンドルを取り付けカートレスに改造したものでサバイバルゲームの主力銃となりヒット
ファルコントーイは拳銃型のスマイソン357/4inエアガン(エアポンプ内蔵式)を発売。


<エアガン安全証紙制度>

エアソフトガン協議会は、「自主規約要綱」を制定し、銃本体にエアガンの安全マークを付し、製品箱には安全証紙(安全シール)を貼付する制度を創設。


<サバイバルゲームを日本に紹介>

イチロー永田氏は、米国で盛んな「サバイバルゲーム」を日本に初めてコンバットマガジン誌で紹介する。


<金属製モデルガン>

ハドソン産業は、長銃型のステンマークⅡ(ピストンファイヤー・カート式)マルシン工業はM16-A1/BLKを販売。


<プラスチック製モデルガン>

WAは、拳銃型のコンバット・コマンダーBLKMGCGM5カスタム品)
マルシン工業はコルトGM/M1911BLK(ショートリコイル)、マウザーM712BLK
ハドソン産業は業界初の猟銃型マドマックス・ダブルバレルショットガンを販売。


<エアガン>

モデルガンメーカーの国際産業は、長銃型のスパーウエポンコルトM16(モデルガン用キャップ火薬の爆発力でコッキングを行う)を発売し、エアガン業界に参入
マルゼンはマシンガンタイプでカート式コッキング銃のミニUZIカスタムを発売。

*マルゼンのKG-9以降、BB弾使用の製品開発が急速に発展してパワーや命中精度も向上し、その実用性の高さが認識されて、あっという間に鼓弾を駆逐。モデルガンファンの意識もエアガンに傾いていった「エアガンが使って楽しむ道具」へと変化して行った。


<プラスチック・モデルガン改造事件>

映画俳優のトビー門口は、販売目的でプラスチック製回転弾倉式モデルガンを不正な改造をして銃刀法違反を犯す(執行猶予4年の判決)。悪役俳優として活躍。映画・TVで悪役俳優として活躍。また銃器のテクニカル・アドバイザー(特殊効果の専門職)としても活躍。


<金属製モデルガン>

タナカは、拳銃型のスプリングフィールドM1893(リアルメカの名品)
国際産業はS&W/M19を販売。


<プラスチック製モデルガン>

WAは、拳銃型のルガー・セキュリティ・シックスシリーズを発売。


<
エアガン>

モデルガンメーカーのマルシン工業は、拳銃型で押し込み・エアコッキング式エアガンのワルサーP.38を発売し、エアガン業界に参入する。

エアガンメーカーのタカトク(鼓弾使用)は破産宣告し倒産する。

マルゼンは、拳銃型で押し込み・エアコッキング式のM59
マツシロはブラックホーク、ガバメント、ヨネザワはエアコッキング・スプリングバック式のコルトGMカスタム
東京マルイはエアコッキング・スプリングバック式のルガーP08、ブラックホーク
ファルコントーイはS&W/M29(エアポンプ内蔵カート式)
クラウンモデルはコルト・パイソン
エルエスは長銃型のM16A1を販売。


*エアガンは、サバイバルゲームが盛んになり、ゲームに有利な威力の強いエアガンが要求されてきた。その為にパワーアップする「改造ショップ」や「改造パーツ」が横行する。


<エアガン用パワーソースにフロンガス使用>

朝日商事は、エアガンに新たなパワーソースとして業界初の「フロンガス」を使用したBV式フルオート(自動連射機構)ガス銃のバトルマスターモデルBM-1を開発。


<
MGCリキッドチャージ式エアガンの誕生

MGCは、世界初のリキッドチャージマガジン連発式で、拳銃型ガス銃(固定スライド)ベレッタM93Rを発売。エアガン業界に参入する。

マガジンにフロンガスを注入し、軽く引金を引くだけ連射できる。

*従来のエアコッキング式銃の座を奪いエアガン史上、空前の大ヒットで以後、50万丁を出荷


<エアガン>

東京マルイは、拳銃型でエアコッキング式のルガーP.08\1,900という驚異的な低価格で販売。エアガン業界に革命をもたらした製品である。新しいファン層の獲得に大いに寄与すると共に「東京マルイの出世作」として注目を集める
WAは、長銃型でセミオートガス銃のAR-7スナイパーカスタム(連射式)
JACは朝日商事のBM-1後継モデルのBM-Ⅱ(ブッシュマスター2
丸越は拳銃型で押し込みコッキング式(カート式)のUXスーパー44オートマグ、コルト・GM
クラウンモデルはエアコッキング式のS&W/M29(カート式でグリップ内にポンプ収納)
マルゼンはエアコッキング式のSIG/P220、ワルサーP.38を販売。


<プラスチック製拳銃型エアガンM29事件>

警察庁は、国際産業のプラスチック製拳銃型エアガンS&W/M29(畜圧式CART使用)を「銃砲と認定、販売を禁止」する。流通業界に早期回収を要請。


<モデルガン&エアガンの業界団体が合併>

モデルガン組合とエアソフト協議会が合併して「日本遊戯銃協同組合(以下、ASGK)が発足。エアガンの自主規約を制定し「弾の威力基準値を0.4ジュール」に定める。エアガンの弾速測定及び構造検査を第三者試験検査機関に依頼する制度を制定。

通産省は、ASGKに自主規制の内容を流通業者に周知を図るよう要請する。

ASGKは早々、東京と大阪で流通業者を招集して「エアガンの改造防止と適正な使用方法について啓蒙・啓発を行う」説明会を開催する。


<金属製モデルガン>

モデルガンメーカーCMCは、モデルガンの製造を廃業し上野アメ横で店舗のみ営業。保有の金型はタナカ、ハートフォード、アップルなどメーカーに売却。


<
エアガン>

丸越は、元タカトクが発売していたエアコッキング銃のSS-9000を引き継ぎ、UXスーパー96mmBB弾対応のカートレスに改造)を発売。エアガンの黎明期を支えた名銃を復活させた。

東京マルイは、業界初のフロンガス使用の拳銃型S&W/M59BLKを発売。スプリングの力で遊底が後退し、ガスの力で前進するスプリング式ガス・バージョン。

JACは、業界初のマガジンが交換できる長銃型フルオートガス銃のスターリングBM-
ファルコントーイは長銃型で押し込みコッキング・ライブカートH&K/P9-S(弾を込めたカートをマガジンにセットし引き金を引くと弾が発射され、遊底が後退してカートが飛び出す機構)
エルエスは長銃型でエアコッキング式のM16ライフル
マルゼンはレミントン870ウイングマスター、拳銃型のベレッタM92F
マルシン工業はベレッタM92F
MGCS&W/M459
サンエイはブローニングHP
ポイントはUZIピストル
千代田SSはマークスマンGMコマンド20を販売。


<全日本エアガン射撃大会>

ASGKは、東京と大阪で初めて組合主催の「全日本エアガン射撃大会」を開催。遊び場を設けてエアガンの適正な使用方法と遊び方を広めるための啓蒙・啓発を行う。


<エアガン>

WAは、業界初のモーターを搭載した長銃型で電動式フルオートガス銃ヤティマチックSMGモデルを発売。ガスと乾電池によるハイブリット
ファルコントーイはH&K/MP5を業界初のモデルアップ。初代はコッキング・カート式(6mm鼓弾使用)でその後、BV式フルオート機構のガス銃に改良
エルエスはCZ75
MGCキャリコM1000(ボンベ直結式)、ウイルソンLE
タナカはコルト・パイソン
マルゼンは44オートマグナム
丸越はUZIピストル
千代田SSは長銃型でウインチェスター/ウイルディ・スーパーマグマム31、東京マルイはウージーSMG
国際産業はXM177E2
マルシン工業はベレッタM84を販売。


MGCモデルガンショー&ジャパン・ビアンキカップ>

MGCは、1982年~86年まで東京後楽園第一催事場で開催してきた本大会は、野球場が閉鎖となり、今年から東京・芝に会場を移して8に「ジャパン・ビアンキカップ」を開催。今大会から、新たに「エアガンシューティングマッチとサバイバルゲーム」も加わり、日本最大規模の射撃大会となった。。また「試射場」を設けて適正な使用方法と遊び方の啓発を行う。併せて「トイガンフェスタ」を行う。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、拳銃型のホーグ5inステンレスBLK
国際産業はS&Wチーフスペシャル
ハドソン産業は長銃型のM1ガーランドを販売。


ASGKエアガン射撃大会>

ASGKは、東京・代々木の国際スポーツフェア(フジ・サンケイグループ主催)に参加。「エアガン射撃大会」を開催し、エアガンの適正な使用方法と遊び方を広めるための啓蒙・啓発を行い、需要の拡大を図る。


<エアガン>

マルシン工業は、長銃型で2wayライブカート式BLKガス銃M-1ガーランドとUZI/SMGを発売。モデルガンの専売特許であった排莢式というアクションは、ガンマニアを狂喜乱舞させた
国際産業は長銃型ガス銃のM16セミオートを発売。セミオートで撃てるスナイパーライフでサバイバルゲームのフィールドで猛威をふるった
MGCは映画「ロボコック」に使われた大型拳銃のM93Rオート9(固定スライドガス銃)を製品化し、ヒットする
フジミ模型はBV式ガス銃のモーゼルM712
ファルコントーイはブレン・テン/ガスBLK
JACは長銃型のイングラムMAC10(外部ガスタンク式)
朝日商事はFN/FNCガス銃3バーストメカ搭載
トイテックはPV(自動連射機構)のキャリコM1000(初の実銃メーカー玩具許諾商品)
マルゼンはコッキング式のブラックステアーAUG/SA(外部ソースのガスボンベを2個装着)を販売本製品は引き金を半引きするとセミオート、最後まで引くとフルオートになり安定した射撃を可能とした。
千代田SSはタイガー23
丸越はミニUZIスペシャル
エルエスはAK74ガスライフル
WAはワルサーMPL
東京マルイは南部14年式(エアコッキング式)・H&K/MP5A3
タナカはDTスペシャル
ポイントはコルト・GM
ヨネザワはS&W/M16エスコートを販売。


<銃の専門雑誌アームズマガジン創刊>

ホビージャパン社は、銃の専門雑誌「月刊アームズマガジン」を創刊。ガン&ミリタリーとトイガンを紹介する。


<東京おもちゃショー>

ASGKは、千葉・幕張メッセで開催の「東京おもちゃショー」に業界初の組合・合同ブースに有志19社が出展参加。トイガン業界最大規模の見本市となる。新製品を発表・展示して需要の拡大を図り、新しい顧客の獲得に期待する。


<金属製モデルガン>

コクサイは、拳銃型のS&WM19を発売。


<エアガン>

タナカは、拳銃型のコルト・GMガスBLK2way方式ケースレス)、コルトS.A.A.((ガスチャンバー内蔵)
ポイントはワルサーPPKガスBLK2way方式)
マルゼンはワルサーPPK/SガスBLK、丸越はワルサーP5WAはコルト・ゴールドカップ
マルシン工業はコルト・S.A.A.(ガスチャンバー内蔵)、ライブカート式のコルト・GMガスBLKCZ75ガスBLKを販売。ライブカート式とはBB弾の発射同時に遊底が後退しCARTを排莢する機構が組み込まれている
MGCは、自社初の長銃型電動ガス銃でH&K/MK5-A4(電動制御の3バースト機構)
アサヒ商事はレミントンM40-A1ガス銃(カート内蔵式・後に銃砲と認定される)を販売

     エアガンは、フルオートガス銃が全盛となり、殆どのゲーマーの標準装備となった。ガス銃の開発によって広げられ、たこの世界は、セミ&フルオートだけではなくファンの夢であった「ガスBLK機構」が復活した。


トイガン流通卸売業者の団体組織

全国のトイガンを取り扱う流通業者は、3地区(西日本、中部、東日本)に「遊戯銃防犯懇話会」を組織。エアガンの改造防止と適正な使用方法の啓蒙・啓発を図り、正しい遊び方を広める活動を行う。


<アウトサイダー対策>

ASGKは、非組合員(アウトサイダー)エアガンメーカーのデジコン電子(株)が製造・販売するエアガン/ベレッタM92Fは、「弾の威力が強く安全性に問題があるとして販売を中止文書で通知すると共に全国3地区の遊戯銃防犯懇話会にも当該製品は、慎重に取り扱うよう文書で通知した。


<金属製モデルガン>

マルシン工業は、拳銃型のゲーリングルガーP.08/4in6in8in(リアル機構、最高級品)を発売。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、拳銃型のM9/BLKを販売。


<エアガン>

タナカは、拳銃型ガス銃でベレッタM1935ガスBLK1way方式)を販売。本製品は、遊底の前進にリコイルスプリングを使い、1wayで作動を実現した六人部氏設計の「ロータリーバルブ方式」を採用した製品である。

丸越は、拳銃型のSIG/P220
国際産業はSIG/P220ガス銃
靑島文化教材社はデザートイーグル
グンゼ産業はエアコッキング式のコマンダー・コンペンセイター
東京マルイはBT/92F、ブローニングHP
サンプロジェクトはマズライト
マルゼンはS&W/M4504
サンエイはベレッタM93R、ハイスペシャル75
WAはワルサーP.38ガス銃
MGCはベレッタM92Fガス銃
千代田SSはウイルディマグナムガス銃
マルシン工業はM29ギャラクシー
JACは長銃型のステアーAUGガス銃
MMCはコルトGMマークⅣ長銃型のエアー式M16-A2、エルエスはL85A1ガスライフルを販売。


<プラスチック製モデルガン>

マルシン工業は、拳銃型でPFC方式(ニュープラグファイヤーカートリッジ)のベレッタM92FS/BLKS&W/M586BLKを販売

PFCとは、ニュープラグファイヤーカートリッジ使用で、完璧なBLKアクションが楽しめ評判を呼ぶ。

    モデルガンの出荷丁数は1988年~91年まで毎年40万丁


電動式エアガンの誕生

東京マルイは、世界初の電動式フルオートエアガンで長銃型のFA-MAS5.56F-1を発売。従来のエアコッキング動作をモーター駆動で行い、充電バッテリー&電動エアーシステムを開発。「電動ガン時代の幕開け」となる。


リキッドチャージBLKエアガンの誕生

MGCは、世界初のリキッドチャージマガジンタイプの拳銃型で「アフターシュートシステム搭載」のグロック17ガスBLKを販売。本製品は、遊底が後退後にBB弾が発射する機構が組み込まれている。

 

    銃の実射性に優れた最高傑作品で的に当たらない、か

ないといったBLKに対する偏見を一気に払拭した。ガス

BLKの歴史を加速させた正に名機である。サバイバルゲームにも使用できて、他の同時期のBLKガス銃を完全に圧

倒してエアガン史上、M93Rと並び爆発的に売れ行きで50万丁を出荷した。


<グロック銃ブームの到来>

MGCが製品化したグロックガス17BLKの登場で、業界のメジャーに押し上げたモデルとなり時代は、一気にガスBLK全盛時代になだれ込む。このグロックシリーズの製品がメーカー各社から続々と製品化され「クロックブーム」が到来した。


<エアガン>

マルシン工業は、拳銃型のCZ75ガスBLK
WAM6906コンバットマスター
国際産業はコルト・パイソン
ヨネザワとマツシロは10歳用スプリングバック・エアコッキング式のS&W/Mod4504-SV
エルエスはS&W/M586
タナカはP.08ガスBLK、ポイントはS&W/M639
グンゼ産業はグリズリー・ウインマグ
マルゼンは長銃型のレミントンM870
ファルコントーイはガリルARM
JACH&K/MP5-A5
朝日商事はU.S.M249ミニミ/ブッシュ・カスタムショーティーを販売。

エアガンの出荷丁数は、1988年~91年まで、4年連続で400万丁を突破するというトイガン史上最高記録を達成。空前のエアガンブームが続く。


<業界団体合同の商談会>

ASGKは、東京・浅草ROXで業界初の「トイガン合同商談会」を開催。組合員メーカー21社が参加。年末に向けの新製品を発表・展示し宣伝に躍起。情報交換の場として最大限の活用を確保するための販売活動をして顧客の拡大を図る。


<代替フロンHFC134aガス>

ASGKは、エアガンのパワーソースに「代替フロンHFC134a

ガス」の使用を決定。


<小林太三氏MGCから独立>

MGCの小林副社長(トイガンデザイナー)はMGCを退職し、メーカー(有)タニオ・コバを設立。


<プラスチック製モデルガン>

MGCは、拳銃型でCP方式のM92F/M92FCP-HW/BLKを発売。

このCPカートは、HW(ヘビーウエイト)製の重い遊底に対応するため、CART内の密閉性を更に高めるために改良した。マルシン工業と同様にこちらも優れたBLK性能を誇った


<エアガン>

エアガンメーカーの(株)エルエスは、和議の申し立てを行い倒産。

グンゼ産業は、拳銃型のSIG/P226
MGCはグロック23ガスBLK
ポイントはベレッタM92/SB
国際産業はスピードコンプ
タナカはS&W/M45-5
JACは長銃型のマイクロ・ウージー(リコイルメカ搭載)ガス銃
ファルコントーイはAK47S
マルシン工業はモスバーグM500
トイテックは金属製コッキング式のバルカン
東京マルイはH&K/MP5A4A5電動ガン
コルトM16A1電動ガンを販売。


ASGK組合が混乱>

ASGKは、組合内でBB弾の威力基準値0.4J0.8J問題で混乱が起きる。MGC、マルシン工業、WAなど組合員有志は、「組合刷新委員会」を結成。組合の正常化を図るための集会を開くなど動き出す。事態を重視した通産省は、混乱の続くASGK組合に「組合運営で改善すべき事項6箇条の通達文」を出し、一刻も早く正常化を図るよう指導を行った。

 

<日本エアースポーツガン協会>

ASGKが分裂する。マルゼン、国際産業ほか一部の組合員は、新たに「日本エアースポーツガン協会(以下、JASG)」を組織。競技専用銃は、BB弾の威力基準値を「0.8J」と発表。業界に2つの基準が存在し、威力競争が泥沼化し流通業界は混乱する。


<デジコン裁判訴訟>

デジコン電子(株)は、ASGKと前田(前理事長)氏を相手に7,700万円の損害賠償請求の民事訴訟(以下、デジコン裁判)を起こし、東京地裁に訴状を提出。


<プラスチック製モデルガン>

マルシン工業は、拳銃型のベレッタM84/BLK(ニューPFCカート使用)を発売。

モデルガンを改造して「天宙興産」が摘発される。


プレシュートシステムのエアガン

WAは、拳銃型ガス銃で「プレシュートシステム搭載」のベレッタM92FマグナBLKを発売。実銃と同様に遊底が下がる前にBB弾を発射出来る機構が組み込まれている。この銃の完成度の高さは、ガスBLKの歴史を替えたトイガン史上でも重要なモデルとなり大ヒットする

<エアガン>
タナカは、長銃型のM97スラッグハンターカート内ガス充てん式)、ファルコントーイはスペクターSMG
東京マルイはXM177E2電動ガン
JACはブローニングHP/Mk3
MGCはグロック17LガスBLKを販売。


<おもちゃ狩り裁判・控訴審判決>

MGCは、国(警察庁)を相手に17年間、争ってきた「おもちゃ狩り裁判」は、東京高裁の控訴審判決で「原告(MGC)全面敗訴」の判決が下された。判決理由は「組合員以外で安全基準違反メーカーが存在して、国側(警察庁)の規制は止む得なかった」とMGCはコメントを発表した。


<小銃型エアガンM40事件>

警察庁は、朝日商事が製造した小銃型エアガン(畜圧式カートリッジ使用)のM40A1M700を「銃砲と認定」。流通業界に早期回収を要請する。


<トイガンメーカーMGC突然の廃業>

トイガントップメーカーの(株)MGCは、11月に経済的理由で突然の廃業を発表。業界に衝撃が走る。「モデルガン」と云う言葉は創業者の神保勉氏による造語であり、トイガンの黎明期から続く同社の歴史は、旺盛な開発・販売力によりトイガン史に数々の名作を造り出し、日本独特のモデルガン文化を築いた。


<エアガン>

エアガンメーカーの()JACは、自己破産し倒産。

マルゼンは、競技専用(0.8J)ボルトアクションエアコッキング式APS-2を発売。

東京マルイは、業界初の「可変ホップシステム」を採用した長銃型のコルトXM177E2電動ガン、M16A1電動ガンを販売。このシステムは、パワーを強化しなくても飛距離を延ばし最適な弾道に調整できる。


この年の出荷数は、200万丁(最盛期の50%)と大幅に需要が。
またモデルガンの出荷数は20万丁となる。


<プラスチック製モデルガン>

(株)KSC(元MGC協力会社)は、トイガンメーカーとして自社ブランドで流通・販売を開始。
拳銃型のコルト・キングコブラ、M93R-MG/BLKを販売。


<エアガン>

マルゼンは、競技専用エアコッキング式スプリングガンのAPS-1グランドマスター
KSCは拳銃型のオート9ガスBLKM93R-AGガスBLK
東京マルイはデザート・イーグル50AEガスBLK、長銃型のH&K/G3SG/1電動ガンを販売。


<ベレッタ社商標の無断使用を警告>

イタリアの銃器メーカーベレッタ社は、日本のトイガンメーカー各社に対して「商標の無断使用」を文書で警告。トイガンメーカー各社は個々に対応すると回答する。


<ウエスタンアームズ知的財産権裁判・判決>

WA(国本社長)は、1990年後半より日本のトイガンメーカーに対して「自己の私的財産権を侵害」したとして製造・販売の差し止める知的財産権裁判訴訟を起こしていたが「殆どの裁判で敗訴」した。


<プラスチック製モデルガン>

ハートフォードは、元メーカーCMCの製品を受け継ぎ自社ブランドで製造・販売を開始。
拳銃型のコルトSAAファストドローカスタムを販売。


<エアガン>

マルゼンは、拳銃型のワルサーPPガスBLK(ワルサー社と契約の刻印入り)
東京マルイはガスリボルバーのデザート・イーグル10inバレルガスBLK、長銃型電動ガンのFA-MAS/5.56-F1(ホップアップ化)、SIG/SG550(電動ガン初の可変バースト搭載)
サンプロジェクトはM16-A1ガスBLKJACの改良品)を販売。


<デジコン裁判・判決>

原告・デジコン電子は、ASGKと前田(前理事長)氏を相手に争ってきた「デジコン裁判」は東京地裁の判決で「原告勝訴」の判決が下された。判決理由は「ASGKは独禁法に触れ不正な取引方法の勧奨と自由な市場参入への不当な妨害をした」と認定。そしてASGKと前田氏のそれぞれに賠償が命じられた。ASGKは、デジコン電子に1,000万円、前田氏も別途、損害賠償を速やかに支払うことで「和解が成立」


<ウエスタン・アームス特許権侵害差し止め事件>

5月、WA(国本社長)は、(有)タニオ・コバ小林社長を相手に「自己が発明した特許権(エアガン・マグナBLK機構プレシュートシステム)を侵害した」として製品及び製造するための金型の廃棄と3,540万円の損害賠償請求の訴訟を起こし東京地裁に訴状を提出。後の995月、東京地裁は「原告敗訴」の判決を下した。判決理由はタニオ・コバ小林社長が発明したエアガン・ガスBLK機構(アフタープレシュートシステム)に内蔵されている「開閉制御システム」は原告の特許権に侵害していない、として原告の請求を棄却した。後の20009月、WA国本社長は判決を不服として控訴していたが、東京高裁は、「控訴人敗訴」の判決を下した。判決理由は、東京地裁の原判決は正当であり、本件控訴を棄却した。同年10月、WA国本社長は、控訴審判決を不服として最高裁に上告提起と上告受理の申し立をしていたが、最高裁の判決でも本件控訴を棄却する「控訴人(WA国本社長)全面敗訴」の判決を下した。そして訴訟費用は控訴人に負担が命じられた。

* トイガン裁判では異例ともいえる最高裁まで争ってき

た本件裁判でタニオ・コバ小林社長は、地裁、高裁、最

高裁とことごとく退き「全面勝訴」となった。

尚、タニオ・コバ小林社長が発明のプレシュートシステ

ムを採用した(株)東京マルイ、(株)KSC、(株)国際産業の各社も本件裁判で争ってきたが、数年間に亘る小林

社長の全面協力によって「3社とも勝訴」に導いた。


<エアガン>

コクサイは、長銃型のM16A1ニューコンセプトガスBLK
東京マルイはステアーAUGミリタリー電動ガン、SIG/SG551電動ガンを販売。



<エアガン>

KTWは、長銃型エアコッキング式のイサカM37
丸越はエアコッキング式のスーパー9
タナカは拳銃型のブローニング・ハイパワーM1935ガスBLK
KSCM9ガスBLK
WAはシグマ40FガスBLK
東京マルイはデザート・イーグル50AEバイオハザード2モデル10in、長銃型のコルトM4A1カービン電動ガンを販売。


<ソフトエアガン安全会議>

学識経験者及び有識者で組織する「ソフトエアガン安全会議(代表、木村晋介弁護士)」が発足。東京・霞ヶ関の弁護士会館で発会式を行う。


<エアガン>

KSCは、拳銃型のSIG/PRO/SP230ガスBLK
東京マルイはM92FミリタリーガスBLK、長銃型のコルトM4A1/R.I.S.バージョン電動ガンを販売。


<違法な改造エアガン強盗・殺人事件>

エアガン史上、「違法な改造エアガンによる強盗・殺人事件」が熊本県西合志町で発生。警察庁は、CO2ガス使用の改造エアガンと発表。


<ペガサスシステムのガスリボルバー>

タナカは、拳銃型のガスリボルバーで「ペガサスシステム」を搭載したコルトS.A.A.を販売。このシステムは、シリンダーを二重構造にして、その外周をBB弾保持の部品とし、シリンダー内のガスタンクをガスチャンバーとしている。ハンマーをコックするとシリンダーの外枠部分のみが回転し、実物と同様にシリンダーストップのノッチがシリンダーの溝に食い込んでシリンダーがストップする機構である。画期的なシステムで評判を呼ぶ。

<エアガン>

マルゼンは短機関銃のニューイングラムM11ガスBLK
東京マルイはトンプソンM1A1SMG電動ガン、ナイツM4/SR-16電動ガン、拳銃型のグロック26ガスBLK
KSCCz75セカンドバージョン/ガスBLK
WAはベレッタM84FSチーターガスマグナBLKを販売。


<対象年齢18歳未満のエアガン>

ASGKは、対象年齢18歳未満(10歳以上)表示のエアガンは、都道府県青少年健全育成条例で定める弾の威力値「0.135ジュール以下」に下げて整合性を図ることに決定。また対象年齢18歳以上表示のエアガンは弾の威力基準値を「0.8ジュール以下」に決定。業界団体(JASG)と威力基準値が統一された。


<8mmBB弾専用のエアガン>

マルシン工業は、業界初の「8mmBB弾専用エアガン」を独自の規格で開発。拳銃型のコルトアナコンダ44マグナム6inガス銃、スタームルガースーパーレッドフォーク・マキシガス銃を販売。
新たなトイガンシューティングの幕開けとなる。


<エアガン>

KTWは、エアコッキング式長銃型のイサカM37/NEWソウドオフ
WAは拳銃型のコルトM1991A-1C.D.PガスBLK
東京マルイはコンバットデルタ電動BLK、エアコッキング式のSOCOM/Mk23AK47βスペツナズ電動ガン
KSCP230JP(日本警察仕様)ガスBLK
ヨシトモ(TOP)は長銃型のM249FNミニミ電動エアー
マルゼンはMP5KA4クルツ/ガスBLKを販売。


<金属製モデルガン>

アップルは、長銃型のMP18ベルグマン(キャップ火薬使用)フルオートタイプを発売。


<エアガン>

タナカは、長銃型でガスボルトアクションのG33/44マウンテントルーパー、拳銃型のグロック17F.S.Dガス銃、コルトS.A.Aイーグルモデル/ガス銃、東京マルイはエアコッキング式VSR-10リアルショックバージョン
マルシン工業は拳銃型ガス銃で8mmBBコルトアナコンダ44マグナム4in8in
WAはベレッタM8045ブレード・クーガーマグナBLKを販売。


<ホビーEXPO2003>

東京ビックサイトで日本最大級のキャラクター&ホビーの祭典「ホビーEXPO2003」を開催。ASGK組合員有志8社が出展・参加。新製品の発表・展示して不況脱出を図るため躍起だつ。


<トイガン業界不況の風吹く>

トイガンメーカー大手の(株)国際産業は倒産する。また、東京・蔵前の流通業者で大手の()三星商店も倒産するなど暗いニュースが続く。


<エアガン>

タナカは、固定式ガス銃でボルトアクション型のM7000シリーズ(作動は手動で、BB弾の発射はガス)
東京マルイはボルトアクションライフルのVSR-10カスタム、長銃型のSIG/SG552SEALS電動ガン、ガスリボルバーのニューパイソン2.5in4in6in
KSCは拳銃型のH&K/USPコンパクトスペック・ガスBLK
WAはウイルソンコンバットCQBブラックガスマグナBLKを販売。


行政&トイガン業界団体が意見交換会

経産省・警察庁は、トイガン業界6団体(ASGKJASG、東西玩具銃部品製造協同組合、3地区流通業者団体)を招集し「業界の関心事項」について警察庁生活環境課小栗課長(警視)が解説。そのご意見交換会を行う。


<キャラホビ2004>

千葉・幕張メッセで日本最大級のキャラクター&ホビーの祭典「キャラホビ2004」を開催。ASGK組合員有志8社が出店・参加。新製品の発表・展示して需要の拡大を図る。またトイガンの適正な使用方法と遊びを広めるため啓蒙・啓発を行う。


<プラスチック製モデルガン>

   この年の出荷数は、12万丁(平成6年度は20万丁)と落ち込む


<エアガン>

WAは、拳銃型のV10ウルトラコンパクト・ガスマグナBLKを発売。

この年の出荷数は、120万丁。最盛期(400万丁)の30%と大幅に落ち込む


改造エアガン発砲事件多発

近畿地方の阪和高速道と阪神高速道で「違法な改造エアガンによる発砲事件が連続発生」する。本事件に関して、警察庁は、業界団体に対して多発している違法な改造エアガンの発砲事件及び模倣事件に使用されている銃は「スライド固定式エアガン」であると発表。

エアガンの改造部品販売店「サンダースショップ」が摘発される。


ASGKフェスティバル2005

ASGKは、東京・浜松町で「ASGKフェスティバル2005」を開催。組合員有志10社が出展・参加。「STOP 改造」を呼びかけエアガンの改造防止と適正な使用方法について啓蒙・啓発を行う。


<エアガン規制の動き>

国会・衆院内閣委員会で改造エアガン発砲事件を取り上げ質疑が行われた。警察庁は、銃刀法を改正して「エアガンを規制する」と発表。そして法整備を開始し11月には業界団体を招集して「威力の強いエアガンの所持を禁止する」と説明。


<エアガン>

東京マルイは、業界初のマシンピストル型電動ガングロック18Cを発売。電動ガンのメカニズムを拳銃サイズに凝縮し、セミ&フル切り替えでガス不要な機構である。

東京マルイは、拳銃型ガス式のハイキャパ5.1ガバメントBLKを販売。高い命中精度、耐久性、作動性を高次元でバランスさせた名銃。初心者からカスタムファンまで飲み込んでしまう程、最高の出来栄えでヒット。

KSCはブランド10周年記念モデルとして、自社初の長銃型でシア式電動ガンH&K33K
アップルはM203グレネードランチャーガス銃
WAは拳銃型のコルト・09マグナガスBLKを販売。


<トイガン文化を守る会>

エアガン愛好者たちは、東京・御徒町で法規制反対を掲げ「トイガン文化を守る会 代表者は弁護士・作家の中島博行」マスコミ及び業界専門誌各社に呼びかけエアガン法規制に関する「パネルディスカッションと公開討論会」を開催。規制反対の署名運動を全国規模で行うことを採択。後に、同会は規制反対2,763人の署名人名簿とエアガン規制に関する要望書を添えて警察庁生活環境課へ提出。


<防衛庁・訓練用教材に電動ガン採用>

防衛庁は、初期教育の訓練用教材として実銃に替わり「東京マルイの電動ガン89式小銃」を全国の陸上自衛隊普通科歩兵部隊を対象に普段の訓練用に玩具銃の電動ガンを制式採用する。


<トイガン専門店の老舗ニューMGCボンドショップ閉店>

トイガン専門店の老舗、「ニューMGCボンドショップ上野店」が閉店。31年間の歴史に幕を下ろす。モデルガン発祥の地、上野アメ横からまた一つトイガンの火が消えた。


<エアガン規制>

銃刀法を改正して初めて「エアガンを規制」する。銃刀法施行規則で定め、6mmBB弾(重さ0.2g)ならば測定条件下で0.989ジュール未満、8mmBB弾(重さ0.34g)ならば1.64ジュール未満がおもちゃ。それ以上、威力の強いエアガンは「準空気銃」とする。輸出などの例外を除き「所持が禁止」された。

*今回の規制は、業界団体が以前から行政当局に申し入れていた弾の威力値が、法律で超えてはいけない弾の威力を具体的に数値で示され、エアガンが「おもちゃ」でいられる環境が整ったと云える。


<マルシン工業ASGKを脱会>

組合員で大手メーカーのマルシン工業は、今回のエアガン規制による8mmBB使用銃の扱いについて組合員メーカー各社に見解の相違があることと、ASGK組合の対応のまずさを不服として組合を脱会。
これを契機に銃刀法に適合した独自の自主規約を設け8mmBB使用銃は、「スペーリアル・バレル」採用して6mmBB弾が発射できない改造防止の措置を施して製造・販売すると発表。


<簡易弾速測定器>

ASGK組合は、エアガンの弾の威力を簡単に且つ、正確に測定できる「簡易弾速測定器」を開発し、流通・販売を開始。

この測定器は、弾の威力測定が一目でわかる打ち抜き方式を採用。愛好家ユーザーの安全を確保し普及に努める。


JASG組合NPO法人化へ>

JASG組合は、東京・錦糸町で特定非営利活動法人「NPO法人化」設立の説明会を開催(後に、東京都の認証受ける。

設立の趣旨は、ユーザーの育成と健全なエアースポーツガンを基本とした新たな市場づくりを目的に法人化すると発表。

同会員のマルゼン、KSC、ハドソン産業から「精密射撃専用競技銃」の新製品を発表・展示。特にマルゼンは、JASG主催の「APSカップ」を主導し、エアガンをスポーツガンとして啓発に努め尚、且つ、長年に亘りイベントに力を注いでくれいます。トイガン業界の発展に尽力している。


<エアガン>

タナカは、S&W/M66スペックガス銃(ペガサスシステム)KSCSIG/P226ガスBLK
東京マルイはコルトGM/M1911A1ガスBLK、長銃型電動ガンのM4-A1をリニューアルしたMP7A1(コンパクトマガジン)新型電動ガン895.56mm小銃
WAはミニUZIマグナガス銃BLKを販売。


<経産省エアガンメーカー視察>

経産省産業局日用品室石井課長補佐は、エアガン規制の完全施行を目前にメーカー(株)東京マルイの協力会社を「視察」。エアガンの製造工場(弾速測定)と「サバイバルゲーム&シューティング場」の現場を視察した。


<エアガン規制施行>

6ヶ月間の経過措置が終了し、エアガンの威力を規制する。

ショップやメーカーが行ってきた「改修が禁止」となる。威力の強いエアガン(準空気銃)を所持していると「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」が科せられる。


<全日本トイガン安全協会>

トイガン業界に新たな団体として「全日本トイガン安全協会(以下、STGA)が発足。会長にマルシン工業(株)川嶋社長が就任。トイガンメーカー6社と全国の販売店254店が賛同し「製・販一体となって安全で安心」を目標にスタート。


<ソフトエアガン安全会議の声明>

今回の改正銃刀法によるエアガン規制は、安全会議(木村晋介代表)の提言や業界団体の要望、ユーザーの署名活動等の努力もあって「弾の威力は0.98J」に収まった。しかし、この規制値は法改正なしに内閣府令によって変更できるので安心できません。今後も業界団体は
法令遵守を図ると共に安全性の確保に努めることを声明する。


<プラスチック製モデルガン>

国際産業の会社自体は、トイガン市場から撤退しても「コクサイ・ブランド」は引き継がれて復活。その製品第1号は拳銃型でM29/4in6inを販売。


<次世代型電動ガン>

東京マルイは、次世代型の電動ガン第一号として長銃型の「シュート&リコイルエンジン搭載」したAK-74MN/BLKを販売。本製品は、ボルトのBLK機構とリコイルショック発生機構が組み込まれている。


<エアガン>

マルゼンは射撃専用銃のコンプレスト・エアー(畜気圧式を搭載)のエアーピストルAPS-3。ニューAPSスタンダードと呼ぶに相応しい精密射撃ハンドガン
マルシン工業は業界初のモデルアップしたFNファイブ・セブンUSガスBLK(特異なスタイルとユニークな製品でファンを驚かせた)
WAは拳銃型のコルトGMカーボンブラックガスマグナBLKを販売。


<樹脂製エアガンS&W/M500、コルトSAAカシオペア事件>

警視庁は、本物と同じ殺傷能力を持つ回転式拳銃型(畜圧式ガスカートリッジ使用)の樹脂製エアガン「S&W/M500カシオペア、コルトS.A.A」を拳銃と認定。製造・販売していた(株)タナカ田中社長を銃刀法違反容疑で摘発(後に起訴猶予)。殺傷力ある867丁を押収。業界団体に早期回収を要請。改造された事実がない製品が取り締まりの対象になるのは異例なこと。


<金属製モデルガン>

ハートフォードは、長銃型で全真鍮製M66イエローボーイを販売。


<エアガン>

マルシン工業は、アニメとコラボで話題となった8mmガス銃でスイングアウト・リボルバーのマテバM-M2007を発売。この製品は特殊な形態で銃身は下に位置し、シリンダーが上方向にスイングアウトする。かなり変わった形状とメカからカルト的な魅力を忠実に再現して話題となる。また、
12
月には、業界初の排莢式ガス銃で拳銃型のグロック21/8mmBBガスBLKを発売。ガスBLKモデルで初めてガスタンクを内蔵したマガジンにカートリッジを装填できる機構が組み込まれている
タナカは、拳銃型のS&W/M36/2inガス銃(ペガサスシステム)
KSCM9ガスBLK、東京マルイはハイキャパエクストリームガスBLK、長銃型のAKS74U次世代電動ガン
WAM4A1カービンガスマグナBLKを販売。


<トイガンメーカーハドソン産業廃業>

モデルガンの黎明期からトイガン業界を支えてきたメーカーの老舗(株)ハドソン産業が廃業。また一つトイガンメーカーの火が消える。

 

<経産省STGAを視察>

経産省日用品室(一柳課長補佐、鎌田係長)は、STGA事務局とメーカーマルシン工業(株)を視察。エアガンの製造工場と弾速測定現場を「視察」し、ヒヤリングを行う。


<復刻版銀玉鉄砲>

セキデンは、昭和37年に発売したセキデンオートマチックSAP.50復刻版銀玉鉄砲を販売。銀玉はエコ弾(土にかえる素材に改良)。


<プラスチック製モデルガン>

タニオ・コバは、MGC時代からのノウハウの集大成メカを1911コバ・カスタムボディーにぶち込んだ拳銃型のKOBA/GM-7BLKを販売。本製品は、究極のオープンデトネーター方式を再現。エコ&セフティーな「強化樹脂CART」を使用。

アップルは、拳銃型の32オートHWブラックBLKMGCのリバイバル型)、タナカは業界初の8連発リボルバーをモデルアップしたS&W/M327R8/2inを販売。


<ニュー銀ダンエアガン>

東京マルイは、ニュー銀ダンエアガンで拳銃型のポリスピストルSS、グロック22を販売。本製品は、昔のストライカー式銀玉鉄砲とは異なり、通常のエアガンと同じシリンダーとピストンを搭載し、引金を引くだけで連射できる「指コッキング式」で対象年齢7歳用として「ST玩具安全基準」にも適合。脅威の命中精度と手頃な価格998円でヒット。低迷するトイガン業界の救世主となる。


<エアガン>

マルゼンは、長銃型のポンプアクション(ライブアモ・スプリングエアーコッキング式)のLA870チャージャーを発売。20発の発射とフォアグリップを引けばポートからCARTが飛び出す機構が組み込まれている。

KSCは、創業40周年記念モデルとして最新鋭のPDW(パーソナル・ディフェンス・ウエポン)で長銃型のMP7-A1ガスBLKを販売。他に競技専用ライフル銃のノンブローバッカスGR1000/AR2000コンプレスト・エアー(AP/GPシリーズをベース)
東京マルイは拳銃型のFNファイブセブンガスBLK、次世代電動ガンで長銃型のM4-A1カービン(シュート&リコイルエンジンVerⅡ搭載)ボルトアクションライフルのL96AWSタニオ・コバはM4-A1/GBB(ツイストバレル搭載)コバ・プレシュートガスBLK
アップルは自社初の電動ガンでM134ミニガン(トイテックのM134を改良復活)を販売。


MGCをつくった男・出版記念パーティー>

MGC創業者・神保勉氏の自伝「MGCをつくった男」非売。

出版記念パーティーが東京・溜池で開催。モデルガンと命名し、起業から半世紀を迎えたのを記念してMGCの社史を出版。モデルガンの歴史を語るには貴重な小冊子である。


<プラスチック製モデルガン>

コクサイは、S&W/M10/4inスタンダード
ハートフォードは九四式自動拳銃(無発火式)
タナカはコルト・ディテクティブ
アップルはレミントンM1861アーミー、長銃型のM3A1(ハドソンのM3リニューアル)を販売。


<エアガン>

KTWは、業界初の火打ち式エアコッキング銃でフリントロックピストル、東京マルイは拳銃型でPX4/BLKガス銃(ベレッタ社の最新のハンドガン)を販売。


<エアガン用パワーソースに小型炭酸ガスボンベ使用>

STGAは、次世代のパワーソースとして脱フロン・クリーンエネルギーの「CO2ガス小型ボンベ(12g)」正式使用を承認。銃本体及び小型ボンベ内蔵の脱着式弾倉に改造防止の措置を施す自主安全基準を制定。


<サバイバルゲーム第1回フラッグハントin小山町>

日本フラッグハント協会(後に一般社団法人)は、エアガンの地域活性化を目指す目的(協賛、東京マルイ)で設立。11月に静岡県小山町の学校跡で「第1回フラッグハントin小山町」を開催。120名参加する。500発連射のフルオート電動ガンMC51を使用し、10人、1チームでバスケットコート2面分のコートに障害物(エアーバンカー)を設置、弾をよけながら相手陣地の旗を奪取するスポーツ。併せて東京マルイブースを設けて、エアガンの適正な使用方法の啓発を行う

<銃の専門雑誌・月刊Gun誌廃刊>

国際出版は、会社の都合で銃の専門雑誌「月刊Gun」は12月号で廃刊。実銃とトイガンに関する話題を扱う銃の専門誌として49年の歴史に幕を下ろす。


<プラスチック製モデルガン>

タニオ・コバは、長銃型のM4-MG/BLK(改良ヘキサゴンCPBLKカート使用)
コクサイは拳銃型のS&W/M19/4inスタンダードを販売。


<エアガン>

ヨシトモ(TOP)は、業界初の長銃型で電動BLKM4A1/EBBを発売。実銃と同じ装弾30発。装填、排莢の電動BLKが楽しめる。


<銃の専門雑誌Gun マガジン創刊>

ユニバーサル出版は、月刊Gun誌の編集方針を受け継ぎ、実銃とトイガンを紹介する専門雑誌「Gunマガジン」が復活。


<トイガンの生みの親・ヒゲKOBA回顧録Gunマガジンに連載>

1962年に国産第1号の金属製モデルガン「ワルサーVP-Ⅱ」を設計・開発、以来、今日まで歴史に残る数々のトイガンを誕生させた(海外でもレプリカ・モデルとして高い評価を得た)小林太三(タニオ・コバ社長)氏が、自身の「ヒゲKOBA回顧録」をGunマガジンに連載を開始。トイガンファン必見のコラムです。


<都条例違反の子供向けエアガン流通>

東京都は、エアガンの商品テストを実施した結果、東京都青少年健全育成条例の「不健全指定がん具類に該当するエアガン」が子供向けとして販売されていたことが判明した。調査の結果、輸入品2機種、国産品1機種について弾の威力が都条例で定める0.135ジュールを超えて「条例違反」に該当。自主回収(改修)を行い、販売済みの当該製品は、青少年に使用させないよう注意喚起の実施と再発防止の通知徹底を図るよう業界団体を指導。


<プラスチック製モデルガン>

タニオ・コバは、GM-7シリーズにまたしても魅力的なバリエーションでコルトではないGM-7/SW1911BLKを販売。


<エアガン>

マルシン工業は、業界初のパワーソースにCO2ガスを採用したCO2小型ボンベ内蔵式長銃型のUS/M1カービン6mmBLKを販売。本製品は、寒い冬でも安定作動と強烈なリコイルショックで好評。市場の活性化に新たな楽しみを呼ぶ。

東京マルイは、24連射システムガスリボルバーのS&W/M19M66を販売。


<東京おもちゃショー2013>

マルシン工業は、東京ビックサイトで開催の「東京おもちゃショー2013」に業界で唯一、出展・参加。業界初の拳銃型でCO2小型ボンベ内蔵式の FN5-7 6mmBB/CO2ガスBLKを発表・展示。CO2ガスBLKの開発でトイガン業界に一石を投じたといえる革命的トイガン。


プラスチック製モデルガン>

コクサイは、拳銃型のS&W/M29/6inM60/2in
HWSは二十六式を販売。


エアガン>

クラウンモデルは、長銃型のスプリング式ドラグノフSVD東京マルイはエアコッキング式のVSR-10プロハンターG、次世代電動ガンのDEVGRUカスタムH&K416D
電動ハンドガンのM9A1
KSCは長銃型SMGのベクターガスBLK、拳銃型電動ガンのMA-ERG(シア式+リコイル)
タナカは拳銃型のM29/6.5inガス銃販売。


ASGKフェスティバル2014>

都立産業貿易センターで「ASGKフェスティバル2014」が開催。ASGK組合員メーカー10社が出展・参加。トイガンの普及広報活動の一環として一般ユーザーを対象とした感謝イベントを9年ぶりに開催。新商品や話題の逸品を展示。


<銃の専門雑誌Gun マガジン休刊>

ユニバーサル出版の「月刊Gunマガジン」は、20127月に月刊「Gun」の編集方針を受け継ぎ出版してきたが、昨今の出版不況に伴い休刊。


<東京マルイ設立50周年>

(株)東京マルイは、昭和40年創業以来、50周年を迎えた。昭和60年にはエアコッキング式のルガーP.08を当時、1,900円という驚異的な低価格で販売し東京マルイの出世作として有名。同社の歴史は、旺盛な開発・販売力によりエアガン史に残る多くの名作を造り出し、今では業界最大手の企業となる。

 

<第25ASPカップ東京本大会>

JASGは、東京・浅草の都立産業貿易センター台東館で「25APSカップ2015東京本大会」を開催。エアガンによるスポーツシューティングを追及する精密射撃の競技大会(265名出場)。同会員のマルゼン(後にKSCも参加)は四半世紀にわたりAPSカップを主導し、エアガンをスポーツガンとして啓発に努めているメーカーは他にいない。トイガン業界の発展に尽力している。<エアガン>

KSCは、長銃型KTR-03ガスBLK、拳銃型マカロフPMガスBLK、東京マルイは長銃型次世代電動ガンHK417、拳銃型電動ガンハイキャパEを販売。

<台湾製CO2ガスBLK製品が日本進出>

台湾メーカーAPS製の拳銃型で小型炭酸ガスボンベ内蔵式のドラゴンBSP(バトンスペシャル)BLKモデルを日本仕様(スライド樹脂製)にしてガンスミス・バトン社が輸入・販売する。本製品は、外観がグロックを模したCO2ガスBLK

 

<エアガン>

東京マルイは、世界初の電動ショットガンでAA12を販売。

本製品は、実現不可能と云われたフルオートで3発、同時発射する

拳銃型電動ガンのハイキャパE

マルゼンは、拳銃型のワルサーP99ガスセミオートBLK(新生ワルサー社の意欲作を再現)
KSCはマカロフPMガスBLK
長銃型のKTR-03ガスBLK、東京マルイは次世代電動ガンのH&K417

クラウンモデルはボルトアクションライフルのTYPE96を販売。



TOP



 TOP